HOME お問合せ
P230JP-HWモデルガン
この製品の販売情報を見る
P230モデルガン
P230JPモデルガン
P230JP-HW


















メディアでの活躍により発売当時よりも人気モデルとなっているのが『P230JP』HWバージョンは素材のヘヴィーウェイト化による重厚感にくわえ、スライドのセレーション等をNCマシンで仕上げることで樹脂製とは思えないシャープなエッジと存在感を誇っております。もちろん7ミリ火薬による発火ブローバックも可能で、プロップガンの印象が強いJPモデルは、金属素材の厳選からスライド/フレーム形状の変更まで徹底した作動安定性の改良が行われています。  

外観寸法から内部部品までの構成・分解手順、はては特殊構造のピン1本にまでこだわりぬいた、まさに21世紀型モデルガンに相応しい工作精度とリアリティ。
まるで刑事ドラマのアクションシーンを彷佛とさせる、大迫力のブローバック作動!!
(画像はKSC7mmモデルガンキャップで撮影)
別売のダミーカート&専用パーツにより、発火とディスプレイモデル両方のコンバートが可能。華麗なヨーロピアンオートの世界をじっくりと味わいたい


ポリマーオートマチック全盛・小型オートにもショートリコイルが採用される現在から鑑みれば、金属フレーム、ストレートブローバックと、少々古く感じるシステムかもしれない。しかし、これはM1900オートにはじまり、PPK等の傑作小型オートマチックピストルから着々と受け継がれ、十分にプルーフがなされたシンプルで堅牢なシステムであり、信頼性という点においては、最新モデルになんら引けをとらない。このシステムはP230の登場で完成の域に達したといえる。これは、移り変わりが激しく、売れないモデルは直ぐに生産中止となってしまう厳しいコマーシャルピストル市場において、70年代の発売から優に40年近く、未だ直系モデル(P232)の生産が続けられ、警察制式拳銃となっていることからも、十分証明されていると言えるだろう。
そして今回、KSCとして実に14年ぶりとなる新作モデルガン『P230』が発売される。

〜開発エピソード〜
当然ながらエアガンとモデルガンとでは、各パーツにかかる衝撃が全く異なる。開発陣は、強度パーツをすべてモデルガン用に設計し直す事から、この問題に取り組んだ。エアガンの開発当時よりも格段に進歩した、3D-CADと解析プログラムをフル活用し、3次元形状を設計しては物理シミュレーションを行うという地道な作業を繰り返し、理想的な形状を煮詰めていった。外観寸法を崩すことなくクリアーするのに、数年をも要する大プロジェクトとなり、モデルガン用に設計された新規パーツは、総パーツ数の過半数にも及んだ。同時にエアガンでは再現不可能だった機構や形状にも力をいれ、装填時にレッドマークが起き上がるエキストラクタ−や、スライドストップ兼用イジェクタ−などをライブ作動化。スライド後部の『2重構造の中空ピン』や、バネ1本で分解ロックまで兼ねる設計のマガジンなど、P230の個性がさらに細かく再現されている。発火カートリッジも.リアルな380AUTO型のカートリッジを新設計しており、発火用キャップ火薬は7mmを採用。当社製9mmカートリッジ譲りの強烈なブローバック性能は、手懐けるのに相当な発火試験が必要だった。発火カートリッジだけで4度の形状修正、対応するスプリング類は無数ともいえる試作が行われている。くわえて別売アクセサリーの『380ダミーカート』も、実物ダミー弾やNRA発行の資料、実弾をマイクロメーターで採寸したデーター等々、さまざまな資料をあたり精密再現されている。
 ※上記の画像・スペックはベーシックタイプのものです。



Copyright(C) KSC Corporation. All Rights Reserved.