HOME お問合せ
M92バーテック07(HW)
この製品の販売情報を見る
M9(07)
M9(07/HW)
M9A1
バーテック

ソード・カトラス















バーテックは多弾数オートの宿命ともいえるワイドなグリップから脱却するべく、グリップフレームをストレートタイプにして極薄のグリップパネルを装着。さらにスリム化したトリガーで僅かながらグリップまでのリーチを詰めるなどの改良により、従来のイメージを払拭して日本のSITチーム(特殊捜査班)にも採用されたモデルです。厚いグローブを装着していても確実にコントロールできる操作性は、HW素材とシステム7のコンビよる豪快なブローバックをさらに盛り上げてくれます。また実戦的なサイトに合わせて従来のアーチ型から台形に近い形状に変更された強化型スライドを始め、近代的な20mmアンダーレイル、ポリマー製リコイルガイド、ショートバレル、刻印などの仕様を細かく再現。M9とは異なるスレンダーな機能美を備えた製品です。  

軍用拳銃のマスターピース「U.S.9mmM9」と、レイルドフレームなど近代化を施された系統を製品化。単純にスペックだけでは選び難いのがトイガン選びの醍醐味。
KSC独自のブローバックメカだからこそ実現できた、スーパーリアルな部品構成。エジェクションポートの複雑な面構成や、ロッキングブロック周辺の再現性に注目!
実銃のM9系とM93RIIは、基本設計が同じためマガジンが共用可能。当製品もM9にロングマグを使用したり、逆にM93RIIをコンパクトに取り回して楽しめる。(*07系のみ)


●既製のM92系トイガンでは再現されたことのなかった外観細部まで徹底してこだわった、米軍現用制式拳銃『USピストル9mm,M9』の決定版。
●3ダットサイティングシステム(3点照準方式)のフロント&リアサイト。(エリート、1A、バーテックには金属製部品)
●スライド溝とロッキングブロックが、ライブに噛み合う『リアルライブショートリコイル』
●ファイアリングピン周辺形状や、オフポジションのハンマー位置にまで神経を使った『リアルライブデコッキング&セフティ』
●大好評のNCマシンによるフレーム底面のヘアライン加工。
●装てんしやすいように入口が拡げられたグリップエンド。
●左右を入れかえられるアンビタイプのマガジンキャッチ。
●ホーグ、ファラー、アルタモント社といった実銃用グリップの装着も可能。
●米軍パーツナンバーまで打刻されたハンマー(M9のみ)
●以上のように,こだわりのリアリティは枚挙にいとまがないほどの徹底ぶり。しかもその情熱はシリーズ全機種に宿っている。
 ※上記の画像・スペックはベーシックタイプのものです。



Copyright(C) KSC Corporation. All Rights Reserved.