HOME お問合せ
P226R(HW)
この製品の販売情報を見る
P226R(HW)




















軍警察用ピストルの最高峰のひとつ「P226R」が、高精度なシステム7にリニューアルされて登場。最新鋭CADによってエンジン部が再設計され、銃口から精密チェンバー、さらにシリンダーまでの同調をストイックに追求した。さらにヘヴィウェイト素材により実物とほぼ同重量を実現し、実物のラバーグリップを標準装備。焼結部品によるハンマーリセット・メカニズムや、デコッキング行程の完全再現など、実物の操作フィーリングを忠実に再現している。  

シリンダーの動きを最適化し、スプリング類のベクトル方向まで見直した新エンジンを搭載。マガジンとの気密を左右する「上下方向のガタ」を解消した真のシステム7に進化。
金属感あふれるHW素材をNCマシンで入念に仕上げ、実物同様に800gオーバーを実現。さらに機関部パーツのリアル改修によって、米国ホーグ社製のラバーグリップを装着。
システム7になっても従来型マガジンは使用可能。背面のディテール再現がマグチェンジを盛り上げる。またオプショングリップへの交換でより精悍なスタイルが楽しめる。


高価でバランスの良いスペックを誇るP226は、予算の潤沢な法執行機関や軍特殊部隊での採用が目立つ、エリート御用達のイメージが魅力です。

KSC-P226Rは、いち早く大口径シリンダーと大容量のジンク一体型マガジンを組み合わせ、俊敏な作動性を追求する「システム7」シリーズの方向性を開拓した製品と言えます。そして10年後のヘヴィウェイト版の発売に合せて、根幹のエンジン部分から設計を見直し、内径15mmの大型シリンダーとマガジンとの気密性を左右する「上下方向のガタ」から、スプリング類のベクトル方向の最適化まで、最新のCADを使って入念に再設計を行いました。
これによりインナーバレル/精密チェンバー/シリンダーのセンターが同調し、射撃精度と作動安定性が大きく向上。「真のシステム7」へとブラッシュアップを遂げています。

●P226Rの打撃方法は慣性を利用した「ひびき打ち」タイプ。さらにハンマーダウン時は強制的にハンマーがファイアリングピンから離れてハーフコック状態となる安全装置の一種「ハンマーリセットシステム」などの機能を完全再現しています。また機関部の要所に焼結製パーツを採用し、トリガープルの粘りを解消しています。
●SIG方式の「ハンマードロップ型デコッキングシステム」を完全再現。デコッキングレバーを押し下げるとハンマーのコックが解除され、戻るレバーに追従するようにハンマーがハーフコック位置に戻ります。
●マガジンは背面のプレス噛合せ/スポット溶接跡まで再現したディテールが見所。大容量の亜鉛一体型で、システム7化以降も従来のマガジンが引き継げます。

●前後サイトのホワイトダットはペイントではなく樹脂製の別部品。
●ファイアリングピンはダミーながら可動式。
●20mmアンダーレイル部は、NC加工によるシャープな仕上がり。
●マガジンキャッチボタンは左きき用に移設可。
●実物と同じ位置にシリアルナンバーを刻印。

【グリップ】
グリップがフレーム後部を包み込む「ラップアラウンド型」のピストルは、通常よりも実物グリップの装着が難しいのですが、HW化を機に、ウェイト兼用だったハンマーハウジング周辺をリアルに改修して、ホーグ社製ラバーグリップの標準装備を実現。さらに装着寸法がシビアとなるワンピース構造の「フィンガーグルーブ・グリップ」もオプションとして対応しています。

※市販されている実銃用グリップの装着には、すり合せ調整等が必要な場合があります。
※プレス工法の初期型P226とP226Rでは、実銃のグリップフレーム寸法が異なります。



Copyright(C) KSC Corporation. All Rights Reserved.