HOME お問合せ
HK45
この製品の販売情報を見る
HK45
HK45(SL-HW)



















発売希望アンケートで常に上位にあったH&K社の最新オート「HK45」が待望のモデルアップ!元デルタ隊員らによってユーザーインターフェイスが大幅に改良され、米軍トライアル(JCP)にも参加したスナッグプルーフ・デザインを余すことなく再現しました。実射性能もシステム7エンジンと改良型HOP筆頭に、主要レバー類の焼結金属化などハイスペックに構成。ピカティニーレイルで拡張性も広がり、「アンビスライドリリース」や「選択式バックストラップ」「作動凍結キー」等の充実した機能が魅力です。  

通常分解が楽しくなるリアルなメカニズム。ハンマー、トリガー、コントロールレバーは焼結金属製で、フルハウス・カスタム級の操作性を誇る。
とても多弾数45オートとは思えないスリムなグリップを実現したのが「モジュラーバックストラップ」。M/Sサイズのストラップが付属する。
熱効率の良さと29連発の大容量を誇る亜鉛一体型マガジン。残弾確認ポートはもちろんプレスの噛み合わせや溶接跡までパーフェクトに再現。


●USPで好評だったハンマー、シアー、シアーコンプリート、インパクトバー、ロックプレートの5点のパーツに加え、今回新たにトリガー、セフティレバーを焼結金属化!上質な操作感と優れた耐久性を実現しました。
●システム7エンジンは内径15ミリの大口径シリンダーを採用。大容量のマガジンは熱効率の良さと実力向上を優先させることを設計コンセプトとした、亜鉛合金製一体型。
●2011年より採用された新型ラバーチェンバーとホップアップシステムは、フラットな弾道を描き高い集弾性能を誇ります。
●人間工学を極めたグリップデザインは45口径の概念を打ち破る完成度。マグリリースのブリッジもトリガーガード内に収まり、指を噛まなくなっています。交換式のバックストラップは実銃と同じくMとSサイズを標準装備。(初期状態ではSを装着)
●「リアルライブオペレーション」を採用。スライドを引いて初弾をチャンバーに装填することではじめて銃が射撃可能となる、実銃と同じ発射プロセスを再現しています。ビギナーの方には安全性を、ハイエンドユーザーの方には納得の操作感を提供します。
●グリップ内に隠れたロックアウトデバイス(作動凍結キー)はHK45/P30に装備されている改良型を再現。
 ※上記の画像・スペックはベーシックタイプのものです。



Copyright(C) KSC Corporation. All Rights Reserved.