HOME お問合せ
MK23 ソーコムHW(05ハードキック)
この製品の販売情報を見る
ソ−コム
ソ−コムHW
プロト


















05ハードキックをヘヴィーウェイトモデルにも搭載!ABSモデルより200g以上アップされた重量は、もはや実銃でも重いクラスに位置する。金属のような冷たさと硬質な感触の重厚なスライドが、ボアアップピストンと新型リコイルアッシーのコンビネーションで豪快にブローバック。マガジンは熱効率に優れた亜鉛一体型を装備して。タフな作動を大いにアシストしている。
(※背景の小物類は参考品)
 

ソーコムと言えばサイレンサーなどの追加装備。KSC製サイレンサーはアルミパイプを絞り込んで成形される特殊工法ゆえに高価だがベストセラー商品となっている。
グリップ上方にデコッキングレバー、後方にアンビ(左右両側)サムセフティレバーというダブルセフティシステム。共に実銃と同じ動作/機能する『リアルライブ』方式。
飛躍的な性能アップを遂げた05ハードキックの根幹をなすのが、15.5mmにボアアップしたオフセット型ピストンと、亜鉛一体型マガジン。(プレス外装のプロトマガジンも共用可)


●米軍のエリート集団=特殊部隊専用突撃拳銃として、サイレンサーやレーザーエイシングモジュールと共に開発されたモデルで、数ある特殊部隊の中でも陸・海・空と特に活動範囲の広い海軍のSEALがトライアルを担当。その過酷なテストに堪え『制式拳銃』の栄冠を勝ち獲ったのがプロトモデル。テスト結果と要望を踏まえて様ざまな改変が加えられ、正式に全特殊部隊に配備されたのがマスプロモデル。
●KSCはマスプロモデルを先行して製品化し、日本国内におけるCQBや特殊部隊モノの流行の先駆けとなった。そして2005年、強烈なリコイルショックを生み出すニューハードキック(05タイプ)に進化。いかにも精鋭の特殊部隊員にふさわしい、後敏なストロークスピードを実現した。
●KSC独自のタワー型ガスブロウバックメカだからこそ実現できたリアルライブショートリコイル。インナーバレルをシャーシに固定してアウターバレルだけを動かしてショートリコイルに見せかけるタイプとは異なり、インナーバレルはアウターバレル内に内臓されバレル全体がショートリコイルする『リアルライヴショートリコイル』方式。
●ハンマーの動きは実銃どおりの『ひびき打ち』タイプ。また、エキストラクターやファイアリングピンも可動し、愛好家歓喜のギミックとなる。
●現行のマガジンは従来からのリアル外観をもつスティールプレス製マガジンと、ガスタンクが外装を兼ねる一体型としガス温回復の速い新シリーズ標準装備のジンク(亜鉛合金)マガジンがある。どちらも共用可能なので、用途や目的に合わせてセレクトしていただきたい。
●新型ハードキックピストンユニット(05タイプ)は旧来モデルにも装備可能。
 ※上記の画像・スペックはベーシックタイプのものです。



Copyright(C) KSC Corporation. All Rights Reserved.