HOME お問合せ
M8000 クーガーF(07)HW
この製品の販売情報を見る
ク−ガ−F(07)
クーガーF(07)HW



















システム7エンジンの搭載で俊敏に生まれ代わったクーガーの、待望のヘヴィウェイト・バージョン。ひやりと冷たく重いヘヴィウェイト樹脂に、NCマシンによる繊細な切削仕上げは、非ポリマーフレームモデルだから映える美しさ。セフティ&デコッキング機構のリアルなタッチや、スチールプレス外装のマガジンなども付加価値を高めています。また重量の増したスライドを『システム7エンジン』が高速かつダイナミックに駆動し、その強烈なインパクトを金属シャーシ内蔵スライドと、亜鉛合金のブリーチが完璧に受け止める。まさにパーフェクトな仕上がりです。  

実銃と同じく、スライドの後退に合わせてバレルが左回転し、スライドとバレルを結合しているラグ(突起)が真上になるとロッキングが解かれるスーパーリアルなメカニズム。
システム7エンジン化と同時に、スライド前部の肉厚を増して剛性を強化。さらにストレスが集中する部分を金属シャーシで構成する万全の設計になっています。
プレス成形のスチール製マガジンケースは、アメリカン・タイプを精密に再現。シャープな造型は、30年以上にわたりプレス専門業者として培ってきたKSCの伝統芸です。


実銃が発売された翌年にはエアガン化され、一部のマニアにしか知られていなかった「クーガーF」の存在を一躍全国レベルで知らしめたのがKSCクーガー。発売された年の「アームズマガジン」読者アンケートで97年度人気NO.1に輝く快挙となりました。
●銃身が30度回転してロックを解除するクーガーならではの『ロテイティング・バレル』方式のショートリコイルメカを、実銃そっくりの形状と動作で初のトイガン化に成功。2013年にシステム7エンジンに改良され、さらに快調なブローバックへと生まれ変わりました。
●インナーバレルのみが固定され、新型のラバーチェンバーに改良されたことで高水準の精度を実現。さらにトリガーのタッチやあそびも研究され、特にダブルアクションの軽く滑らかなトリガープルは驚異的です。
●セフティレバーに連動してファイアリングピンが回避され、完璧なハンマーダウンを完了するパーフェクトなデコッキング・メカニズムを搭載。
●成型品特有の合わせ目を消すと同時に、外観のグレードを一段とアップさせるのが、NCマシンによるヘアライン加工。玩具銃業界にデビューさせたこの工法は、今やKSCの伝統芸となりました。
 ※上記の画像・スペックはベーシックタイプのものです。



Copyright(C) KSC Corporation. All Rights Reserved.