HOME お問合せ
トルーパー MK-V ニッケルシルバー 4/6インチ
この製品の販売情報を見る
キングコブラ
キングコブラシルバー
トルーパーMK-V
ピースキーパー

















バレル上部のべンチレイテッドリブ、マークIIIよりスリムになったグリップフレーム、改良されたトリガーメカニズム等がマークVシリーズの特徴。製品化されたピースキーパーとの個別化を図るため、KSCはセミカスタム的な位置付けでこのトルーパーをモデルアップ。80年代のコルト社標準シルバー仕様に合わせ、本体はニッケルメッキ、ハンマーとトリガーはブライトブラックとなっている。  

内部メカにもとことんこだわり、なんとサイドプレート裏面にもシリアルナンバー刻印があったり、スプリングの巻数や色調まで再現。脅威的な再現性を誇っている。
一見、ハローポイントのダミーカートに見える撃発用カートリッジ。プライマー周囲にはフェデラル社のヘッドスタンプが刻印される(7mmキャップ火薬使用)
実銃用グリップを輸入し全品に標準装着。キングコブラはホーグ社製ラバーグリップ、トルーパーは豪華なアルタモント社製ローズウッド木製グリップを装備。


●ローマン、トルーパーなどで知られる『MK−III(マークスリー)』シリーズを大改良。握り易いグリップと作動の滑らかさを向上させた内部メカが『売り』となったのが、実銃における『MK−V(マークファイブ)』シリーズ。トルーパー、ローマン、ピースキーパーと続き、キングコブラの登場で、その人気は不動のものとなった。
●永年モデルガンの開発・製造に携わってきたKSCが、モデルガン45年の歴史におけるリボルバーの最高峰としてデビューさせたのが、キングコブラだった。そしてその後、ピースキーパー、トルーパーと、そのバリエーションを増やしてゆき、その都度技術力の限界に挑んだことが、結果として人気を定着させた要因となった。エアガン主流の時勢であるため、なかなかモデルガン製造に手が廻らないという現実はあるが、根強いニーズがあるため今後も可能な限りは生産してゆきたいと考えているが、店頭で見かけた際には即刻ゲットしておいていただきたいと切に願っている。
●パーツ相互のクリアランスのタイトさ、動きのシャープさ、メカニズムの堅実さを追求。コイルスプリングにはステンレス材を使用し、スティールパーツにはサビに強いMILフィニッシュを実行。
●各モデルとも、ダミーカート風の外観、発火性能、音のヌケの良さを極めた、357マグナムカートが6発付属する。
 ※上記の画像・スペックはベーシックタイプのものです。



Copyright(C) KSC Corporation. All Rights Reserved.