HOME お問合せ
M93RC (2nd)
この製品の販売情報を見る
オート9C
M93R 1st HW
M93RC

スパルタン
















通常のガスブローバックとしてもリーズナブルでありながら、フル/セミオート切り替え式というアドバンテージの高さがM93RCの魅力。装弾数も通常のサブマシンガンに匹敵する38発を誇ります。また別売アクセサリーパーツによりストックや「3バーストモード」の追加パーツ、携帯性をより向上させるショートマガジンなど様々なアップグレードが可能で、ビギナーから初めてステップアップも楽しんでいける製品です。
(※背景の小物類は参考品)
 

実銃はバレル上面の穴から発射ガスを噴出させて反動を抑制し、1stと2nd(RG)で形状が異なる。またオート9は、KSCピストル最長のロングバレルを誇り精度も高い。
ピストルサイズにセミ/フル/バーストの3モード射撃を実現!(1stのみ)。M93RCとオート9はセミ/フルオート仕様で、オプション部品の装着で3バーストが追加される。
アクセサリーには、折り畳みストック、2種類のサイレンサー、マウントベースに加え、M9サイズのショートマガジン、軽量設計のライトウェイトマガジンなど充実。


M93R-Cシリーズ

●徹底的に高品質・高再現力にこだわり、高級指向の強いガスブローバックを主力としてきたKSC。その方針は今後もKSCの中心核であり続けるが、それとは一線を画す普及版・廉価モデル的要素を強化したもうひとつのガスブローバック路線があっても良いのでは、という見地から、メーカー活動開始10周年に、コストパフォーマンスのイニシャル『C』を冠した新路線のM93Rが誕生。既存のM93R-AGやM93RIIがファーストバージョンなので、『M93R-C』はセカンドバージョンを再現した。好評につきオート9ものちにCタイプとなっている。
●フル&セミオートを基本機能とし、3発バーストショットはオプション扱い。別売の3バーストパーツセットを組み込めば、フル、セミ、3バーストのモデルに変身させることができる。
●コストダウンの合理化は、刻印や外観仕上のプロセス、内部メカの着色の有無などで実施。エアガンとしての性能を落とすような変更はされていない。
●従来のM93R-AGシリーズとは外観上の相違を作ることで区別化。刻印を削り取って出所を判らなくした俗称『無国籍モデル』、CIAなどの情報機関が裏工作で使ったりする、そんなモデルを彷彿とさせるルックス。そして精悍なブラックグリップの採用が新バージョンの個性。
●従来のM93R-AG系と、マガジン、ホルスター、アクセサリー類、パーツ等はそのまま共用も可能。

M93R-AGシリーズ

●メーカー活動を開始したKSCの第一作モデルで、このシリーズの大ヒットが現在のKSCの礎(いしずえ)を築いた。発売以来、KSCの技術の進歩に伴って幾度もの改良を繰り返してきたため、性能は現在でも一級のパフォーマンスを見せる。
●1stバージョンは重量アップがセールスポイントのヘヴィウェイト樹脂を、主要素材としている。
●内部には、エクセレントピストンユニット(ハードキックタイプ)、インパクトフレームアッシー、3ショットバーストメカといったKSCのパテントシステムを搭載。KSCのガスブローバックはすべてこの基本構造から発展した。
●スライドを分解しなくても調整できる、マルチスリットタイプのドラムクリック可変ホップアップシステムも、今やKSCの血統を表わす基礎遺伝子的メカとなっている。
 ※上記の画像・スペックはベーシックタイプのものです。



Copyright(C) KSC Corporation. All Rights Reserved.